XMTradingを利用する10のメリットと5つのデメリット

XM(XMTrading)は、海外FXブローカーの中でも世界196ヶ国以上20言語でサービスを提供しており、100万人以上のトレーダーがXMを利用している実績があります。

特に最大レバレッジ888倍、追証なしでマイナス残高リセット対応、最低入金額は5ドルからという低さ、ホームページの見やすさが人気の秘訣で、海外居住する日本人にも多く使われています。

今なら期間限定で初回リアル口座開設のみで3,000円ボーナス + 入金額の100%ボーナスが受け取れます。

XMTradingで取引が向いている人

  • ノーリスクで取引したい ← 口座開設ボーナス3,000円だけで取引できます
  • 投資金に使えるお金が1万円以内と少ない
  • 海外FX利用が初めて
  • 英語が全く分からない
  • 借金になりたくない
  • 約定拒否や約定すべりが心配
  • 安全で信頼できるFX会社で取引したい

以上の項目の何れかに該当する人は、XMTradingでの取引に向いています。

XMTradingを使う10のメリット

1. 追証なし、マイナス残高リセット

XMTRADINGでの取引では、実質的に追証(おいしょう)がありません。

追証とは、損失により追加で証拠金を口座へ入金しなければならない仕組みのことで、一般的には証拠金維持率が100%以下になると発生します。

日本国内FX業者の場合は、すべて追証が発生するため、大きく為替レートが動いて途中値が付かない相場になってしまったときは、口座残高がマイナス表示になるリスクもあります。

このマイナス残高は、借金となりFX業者へ返済しなければなりませんが、海外FXブローカーのXMTradingであれば、追証がなくマイナス残高リセットのサービスを提供しているので、借金になることはありません。

 

2. 最大レバレッジ888倍

日本国内FX業者は、最大レバレッジが一律25倍と規制されていますが、海外FX業者は拠点が海外にあるために規制対象外で高いレバレッジで取引することができます。

特にXMは、最大レバレッジ888倍で取引できるため、1ドル100円を1万通貨取引する際の必要証拠金は、わずか1,126円のみで可能です。

これがもし国内FX業者だった場合は、同じ1万通貨を取引するのに4万円必要になってしまいますので、1,126円の資金で取引できるXMは投資効率が良いことが分かります。

 

3. 最低入金額は5ドル~

通常、海外FX業者は、口座への最低入金額は100ドル(1万円)以上と規定しているところが多いですが、XMTradingであれば5ドル(500円)以上の入金で取引を始めることができます。

最大レバレッジ888倍により、必要証拠金も少なくて済むので、最低入金額が低くても取引に支障がでません。

入金額1万円以上と聞くと失うかもしれない1万円を入金するのにためらってしまいますが、500円なら試してみようという気持ちもでてきます。

500円からどのくらい利益を積み重ねられるかという挑戦も可能で、失っても500円なのでリスクは低くなります。

 

4. 初回口座開設ボーナス+入金ボーナス+XMポイントの3種類のボーナス

初回口座開設ボーナス


XMTradingは、初回限定で口座開設のみで3,000円(30ドル)のボーナスがもらえます。

この3,000円ボーナスは、入金しなくてももらえるボーナスで、3,000円ボーナスを利用して取引し得た利益については無条件で出金できるボーナスです。

つまり、このボーナスを利用することで、完全にノーリスクで取引を始め、利益を狙うことができます。

入金ボーナス

入金ボーナスは、入金した金額の100%(※期間限定、通常は20%)ボーナスを受け取れるボーナスです。

最大500ドルまでを100%ボーナスでもらえるので、例えば最大の500ドルを入金したなら、100%の500ドル分のボーナスを受け取れます。

つまり、入金額の500ドルとボーナスの500ドル、合計1,000ドルの証拠金で取引できるこになります。

500ドルを超える入金でも、入金額の20%ボーナスがもらえるので、例えば1,000ドルを入金したのなら、$500 + $100 = $600で合計600ドルのボーナスと入金額の1000ドルで1600ドルの証拠金で取引できる計算です。

XMポイントボーナス

XMポイントボーナスは、XMロイヤルティプログラムと言われ、取引毎に自動で得られるポイントプログラムのことです。

取引期間によりステータスが付与され、100日以上の取引でエリートのステータスが付与されます。エリートクラスになると、1ロット(10万通貨)/20XMPが自動でもらえ、溜まったポイントは、XMP÷3の計算によりボーナスへ交換可能です。

 

5. 完全日本語対応。英語の必要なし

XMTradingは、海外FX業者でありながら、英語を一切使わずとも口座開設・入出金・取引・問い合わせ、すべて日本語に対応しています。

英語が全くできない!という人でも心配なし。日本のサービスと同じような感覚でFX取引が可能です。

もし、分からないことがあった際や困ったことがあった際でも、日本人サポートスタッフが対応してくれるので安心です。

 

6. 信頼性、安全性ともに高い

XMグループの「TRADING POINT OF FINANCIAL INSTRUMENTS LIMITED」は、2009年から営業を開始し、運営歴は10年以上と信頼があります。

ただでさえ怪しい海外のFX業者ですから、出金トラブルや約定拒否などのトラブルがあればすぐネット上でも噂が広まり、悪評だらけになってしまいます。

しかし、ネット上や2chなどの掲示板を調べても分かりますが、XMグループはこれらのトラブルの悪評もなく、安定したサービスを提供し続けています。

日本語表記で口座開設できるのは、XMグループ内のTradexfin Limitedが提供するXMTradingです。Tradexfin Limitedも、セーシェル金融庁からSD010の運営ライセンスが発行されているので安心です。

 

7. 全注文の99.35%が1秒以内で約定、リクオート一切なし

すべての注文の99.35%が1秒以内で約定されるという約定スピードの速さも魅力です。

約定スピードが遅いと、希望の価格で注文が執行されないことがありますが、XMTradingにおいては1秒以内で約定されるため、ほぼ希望通りの価格で注文が通ります。

また、約定拒否などのリクオートも一切なく、安心して取引が可能です。

ちなみに、日本国内FX業者の場合はDD方式の注文方式を採用しており、顧客の損失がFX業者の儲けになるため、頻繁にリクオートが発生し顧客に損を出させようとする動きが多発します。

 

8. FX以外のCFD銘柄が豊富

XMTradingは、FX通貨ペア57種類の他に、貴金属銘柄4種類、商品CFD銘柄42種類の合計103種類の銘柄を取引できます。

貴金属は、ゴールド・シルバーの他に、プラチナ・パラジウムが取引可能で、商品先物はココア・コーヒー・コーン・大豆・小麦などがCFD取引できます。

その他、仮想通貨のBTC/USD、BCH/USD、ETH/USD、LTC/USD、XRP/USDの5種類もMT5で取引が可能です。

FX以外でも豊富な銘柄を選んで取引できるのも魅力の一つです。

 

9. 最新のMT4/MT5が利用可、無料VPSが使える

世界標準の取引ツールであるMT4(MetaTrader4)の他に、次世代版のMT5(MetaTrader5)も最新版が利用できます。

日本国内FX業者では、MT4やMT5が利用できないところがほとんどで、FX業者独自の取引ツールを提供しているのが一般的なので、世界中のトレーダーが開発した多くのカスタムインジケーターを利用できません。

しかし、海外FX業者のXMグループであれば、MT4/MT5を標準取引ツールとしているので、無料のカスタムインジケーターを自由にインストールして利用できますし、自動売買も標準装備なので、すぐに自動売買も体験できます。

また、XMTradingは、一定条件以上のクリアで無料でVPSを利用できます。自動売買をするときは、24時間MT4やMT5を稼働させるためにVPS環境が必須です。

自分でVPSを契約しようとすると、月々3,000円ほどコストがかかってしまいますが、XMなら条件付き無料でVPSを利用することができます。

XMのVPSサービス詳細

 

10. 入出金がスムーズ

XMTradingは、クレジットカード・デビットカード・ビットコイン・bitwallet・銀行送金の入出金に対応しています。

銀行送金以外は、ほぼリアルタイムに入金額が反映されるのでスムーズ。出金に関しても手続きの処理自体は1営業日ほどで完了します。

また、入出金手数料は無料なので、入金した金額がそのまま口座に反映されるのも魅力です。

XMTradingの5つのデメリット

1. スプレッドが広い

XMTradingのスプレッドが広いことは、どの紹介サイトでもデメリットとして紹介していますし事実です。

海外FX業者は、日本国内FX業者よりもスプレッドが広い傾向がありますが、これは日本市場がDD方式の注文方式により特別なだけで、世界的には標準的なスプレッドです。

海外FX業者の中でもXMはスプレッドが広い傾向があり、一般的にはドル円やユーロドルで1.1pipsほどに対し、XMでは1.6pipsと0.5pipsほど広がります。

XMのスプレッドが広い理由としては、もちろんNDD方式ということもありますが、ボーナスなどのプロモーション費用のコストが他の海外FX業者よりかかることがあげられます。

 

しかし、XMTradingは、ボーナスなどのプロモーションを受け取らない代わりにスプレッドを低くできるXM Zero口座を用意しています。

XMゼロ口座は、スプレッドが0pips~の変動制で、片道の手数料が1ロット/5ドルかかります。XM ゼロ口座におけるドル円やユーロドルの平均スプレッドは、0.1pipsですから、手数料をあわせても0.6pipsほどになります。

これは、他の海外FX業者よりも低いスプレッドで取引できることを意味します。

 

2. 指標時のスリッページ

スリッページとは、注文した価格と約定した価格の差のことをいいます。

例えば、指値注文でドル円を100.00円で注文していても、実際に約定されるのは100.05円などズレることがあります。特に重要指標発表時の相場は、スリッページが発生しやすく、これはXMに限らずどのFX業者でもあります。

XMでは、通常取引時はスリッページはほぼ発生せず約定力も高いことから、FX業者の中でも優れている方ですが、経済指標発表時など大きく為替が乱高下するような相場では、スリッページが起きやすくなります。

対策としては、指標時に取引しない、コストの低いXM Zero口座を使うことがあげられます。

 

3. cTRADERは非対応

取引ツールであるcTRADERは非対応です。

MT4やMT5よりも直感的に取引できるcTRADERは一部ユーザーに人気ですが、XMグループでは対応していません。

「絶対にcTRADERじゃないと嫌だ」という人は、cTRADERに対応している海外FX業者で口座開設するしかありません。

ただし、cTRADERは、カスタムインジケーターの種類も少なく、自動売買プログラムもほぼ普及していないので、移動平均線やボリンジャーバンドなどの標準インジケーター以外にも使いたいというのであれば、MT4(MetaTrader4)一択です。

 

4. 完全信託保全ではない

信託保全とは、顧客から預かった証拠金を信託銀行に信託し、万が一FX会社が倒産・破産してしまったときに、顧客資金が信託管理人を通じて返還する仕組みです。

XMは、企業の保険内容を一般に公開していませんが、顧客資金が分別保管されていることは公開しています。顧客から預かった証拠金と経営資金を分別して、英バークレイズ銀行で管理しているため、万が一倒産・破産してしまっても顧客資金は保護されるというものです。

 

5. 90日間取引しないと口座維持手数料が発生

口座残高がある状態で、90日間取引せずに放置してしまうと、91日目から月々5米ドルの手数料が自動的に差し引かれます。更に、受け取ったボーナスは全て消失します。

口座残高が5米ドル以上ある場合は休眠口座となり、取引をいつでも再開することができます。ボーナスは消失してしまいますが、取引を再開することが可能で、また再開日から90日間として休眠口座になるかならないかの判定がされます。

口座残高が5米ドル以下の場合は、91日目からは口座が自動的に閉鎖されます。閉鎖された口座は復活することはできず、5米ドル以下の口座残高とボーナスは消失してしまいます。

ここでいう「取引」の定義は、入出金と注文のことです。資金振替やログインだけでは、取引とみなされないので注意しましょう。

 

XMTradingの特徴まとめ

  • 最大レバレッジ888倍(入金額の最大888倍の金額を取引できる)
  • 追証なし、マイナス残高リセット(口座残高がマイナスになっても借金にならず0にリセットされる)
  • 入金ボーナス(入金額の最大100%の金額のボーナスがもらえる)
  • デビットカード/クレジットカードで入金可(海外送金しなくても簡単に入金できる)
  • Bitcoin入出金対応(その他、電子ウォレットにも対応)
  • 最低入金額は業界最安の5ドル~(他の海外FX業者は1万円から入金に対し、XMは5ドルから入金できる)
  • 完全な日本語サポート(取引に関わるすべてのホームページは日本語化されており、サポートにも日本人スタッフが十数名在籍)
  • 取引ごとに自動でもらえるXMポイント(XMPは取引に使えるボーナスに交換可能で入金しなくてもリスクなしで取引できる)
  • 一人最大8口座作れる(ハイレバ取引用、指標取引用、スキャルピング用など自分のスタイルに合わせて複数口座開設可能)
  • 全注文の99.35%は1秒以内で約定(約定力に定評あり、リクオートや約定拒否なし)
  • 10通貨単位で取引できる(数十円の資金でも取引できる)
  • 両建て、スキャルピングは禁止されてない(比較的自由に取引できる)
  • 貴金属、先物、指数CFD取引に対応
  • 売買予想のニュース配信(シグナル配信)を1日2回閲覧できる
  • FX初心者向けのオンライン講座(ウェビナー)を無料受講できる
  • 口座維持費、入手金手数料、取引手数料無料
  • 条件付きで無料VPSを利用して自動売買も簡単
  • 196カ国100万人以上のトレーダーがXMを利用
  • 今なら初回口座開設だけで3,000円ボーナスもらえる

XMTradingの3種類の口座

XMTradingは、「XM マイクロ口座」「XM スタンダード口座」「XM Zero口座」の3種類があります。

それぞれ自分の好みに合わせて、3種類の口座から自由に口座を作ることができます。一般的には、「XM スタンダード口座」で口座を作ります。

 マイクロ口座スタンダード口座XM Zero口座
口座通貨USD, EUR, JPYUSD, EUR, JPYUSD, EUR, JPY
最大レバレッジ888倍888倍500倍
1ロット単位1,000通貨100,000通貨100,000通貨
最大取引量100ロット50ロット50ロット
最小取引量0.01ロット(MT4)
0.1ロット(MT5)
0.01ロット0.01ロット
最大保有可能数200ポジション200ポジション200ポジション
入金額以上の損失なしなしなし
最低入金額$5$5$100
取引手数料無料無料1ロット取引毎/片道$5
入出金手数料無料無料無料
口座維持手数料無料無料無料
複数口座開設可能可能可能
スプレッド1pips~変動1pips~変動0pips~変動
平均スプレッド1.7pips1.7pips0.1pips
注文方式NDDNDDECN
両建て可能可能可能
スキャルピング可能可能可能
取引ツールMT4 / MT5MT4 / MT5MT4 / MT5
FX通貨ペア57通貨57通貨56通貨
CFD取引33銘柄33銘柄不可
貴金属取引4銘柄4銘柄2銘柄
ロスカット水準20%以下20%以下20%以下
マージンコール50%50%50%
信託保全
自動売買(EA)可能可能可能
ボーナス獲得可能獲得可能不可
どの口座が一番オススメ?

結論を先に言うと、「XM スタンダード口座」です。

XMTradingは、一人最大で8口座まで複数の口座を持てるので、最初はあまり悩まずに口座開設ボーナスがもらえる「XM スタンダード口座」を作っておけば問題ありません。

もし、入金額が数千円など少額を予定している人は、「XM マイクロ口座」でも良いでしょう。

初回口座開設は、3,000円口座開設ボーナスがもらえるので、「XM スタンダード口座」「XM マイクロ口座」の2口座を選ぶようにしましょう。初回口座開設で「XM Zero口座」を選んでしまうと各種ボーナスが受け取れないので損してしまいます。

 

XMTradingの口座を作る手順

STEP.1
口座開設フォームで手続き

XMTrading公式サイトの「口座を開設する」ボタンをクリックして、口座開設フォームを開きます。

簡単な必要事項のフォームに適切に情報を入力して手続きを進めます。約2分で完了します。

STEP.2
メールアドレスの確認

必要事項の入力を終えると、登録したメールアドレス宛にメールアドレス確認のメールが受信されます。

メールの中の「Eメールアドレスをご確認下さい。」ボタンをクリックします。

STEP.3
本人確認手続き

口座を有効可して口座開設ボーナスをもらうために、本人確認手続きをします。

身分証明書と住所確認書の合計2点をマイページからアップロードして口座開設完了です。

 

XMTradingの評価・分析

XMTradingの総合評価
口座開設のし易さ
(5.0)
入出金
(4.0)
サポート
(4.0)
スプレッド
(3.0)
ボーナス
(4.0)
総合評価
(4.0)

上記評価は、他の海外FX業者と比較した際の評価です。


XMTradingは、スプレッドの広さなどのデメリットもありますが、それらのデメリットをカバーできるXM Zero口座も用意しています。

他のサイトでも海外FXといえば、XM Tradingであり、人気No1にランクしているところがほとんどです。当サイトでも、やはりXMTradingは人気No1と捉えています。

ホームページの見やすさ、マイページの入出金などの使いやすさ、すべて日本語対応、サポートの質の高さなど、総合的に他の海外FX業者よりも頭一つ抜けているためです。

ただし、人によっては相性があるようで、XMで取引するといつも損する、サポートの対応が気に食わないという人もごくわずかですが一定数いるのも確かです。

それらの人は、他の海外FX業者に移り変えますが、やはりXMの使いやすさはダントツで、不満を抱いていた人でもまた戻ってくるという人もいるほどです。